TOP

気になる風俗体験をマークアップ

高知へ出稼ぎに行く女性が多いけど、デリヘル風俗業界は一般的に信頼が無いのになぜ

デリヘル風俗業界は以前にも述べたように、グレーな印象や悪の印象が強く、まっとうな人が運営しているとは誰も思っていないでしょう。考えが相当古いですが反社会的な団体がバックグランドで運営している等黒い噂が拭えないデリヘル風俗業界ですが、高知県の出稼ぎ専門の風俗店に出稼ぎに来る女の子が後を絶たないのは何故なのか考えられることを書いていこうと思います。先にも述べたように、風俗業界では信頼や信用は皆無でなかなか一般的に理解は得られていません。事実、デリヘル風俗店の多い街は治安が良くなく、しばしば何かの事件が起こったりしています。そういった事情を別の地域で鑑みますとどうしても理解されない部分は出てきてしまいます。誰でも思うことですが、平穏で治安の良い街に住みたいと思います。何事もトラブルに巻き込まれたくないし、見たくもないのでデリヘル風俗店があるエリアや歓楽街の近くには寄り付きません。簡単な話、治安が悪い=悪い人がいる、という認識になってしまうので風俗街のあるエリアは治安の悪いところが多いので、風俗店自体にもそういった目で見られてしまうのです。また昔からのイメージが未だに払拭出来ていないのも一つの原因でしょう。よく任侠映画やドラマであるように、デリヘル風俗を裏で取り締まっているのは反社会勢力のグループだったりが、劇中内で経営していたりするので自然とそういったイメージを持ってしまっているのかもしれません。そういった理由で風俗業界は今でも信頼に値しない業界として見られているのです。さて、話を戻しますが、先程述べたように風俗業界は信頼が得られていない中、四国の高知県の出稼ぎ風俗店が流行る理由ですが人口も大きく関係しているのではないでしょうか。高知県は四国北部に位置する日本の県の1つで正直、四国ですので利便性は非常に悪いです。また、四国全体が都市部に比べて栄えていない為、人口もそれ程多くなく、四国で一番人口の多い街は愛媛の松山市の約50万人が最高なので、松山市だけは地方の中核市とそれほど変わりはありません。ですが、人口が集中してしまっているのでその他の市区町村では人口は大きく低下し、数千の人口しかないエリアもありますので、四国で出稼ぎ風俗店を営むのであれば松山市や高知市のようなある程度人口が集中しているエリアでないと運営することは難しいのです。そう考えると人口が集中しているエリアを狙って風俗店は展開していくので、決まったエリアでは必ずデリヘルの激戦区になります。そこでは非常に熾烈なお客の争奪戦がくる広げられているのではないかと想像できますが、敢えて出稼ぎで地方の女性を採用して、四国・高知の地元の方にサービスを展開するのは四国の地の利を逆手に取った素晴らしい営業方法なのかもしれません。


高知 出稼ぎ デリヘル

松戸 デリヘル

金髪と遊びたかった

金髪の女の子と遊びたいと思ってデリヘルを呼んだら黒髪になっていてがっかりしました。いろいろな話を聞いてみるとやっぱり黒い髪の毛の方が似合うと言われたので買えたということでした。風俗嬢としては金髪の方が似合うのではないかなと思ったのですが、やっぱりプライベートでも女の子なので、少しでも可愛くいたいという思いを持つのは当然なのかもしれません。それでも結構化粧が濃かったので、ギャル系であることには変わりないと思います。フェラチオもかなり乱暴な感じでやってくれましたので、自分としては結構好きなタイプだったのですが嫌いな人は嫌いかもしれませんね。色々な女の子と遊んできましたが、こんなタイプは初めてで、結構乱暴なのに好感が持てるという女の子でした。要所要所はしっかりと礼儀を抑えているというところがポイントなのかもしれません。何でも適当という女の子だとあまり好感は持てませんが、ちょっとやんちゃな所を残している女の子のほうが楽しいですね。


池袋 風俗

大当たり嬢かと思ったら

デリヘルで女の子を呼んだ時のことです。 初めてのお店ですこし不安だったのですが、入念に選んだのが功を奏して可愛い子がやってきました。二十歳だと言っていましたがさらに若くも見える感じでした。まあ、年齢のことを深入りしてもあんまりいいことがないので一緒にシャワーを浴びて、プレイを始めました。 ギャルっぽい感じというか、ちょっとノリとしては騒がしく感じるぎりぎりでしたが、肌がピチピチでスタイルも抜群で、文句を言うようなところは特にないというあたりの女の子でした。かわいいことでちょっと緊張すると言ったら照れた感じで笑っていました。 プレイのほうも、かわいいのにしっかりとペニスをくわえこんでくれたりしていて、素晴らしいと思っていたら一分もしないうちに射精してしまいました。ちょうど深くくわえていなかったので、彼女が精子でむせることはなくほっとしていたら、ちょっと驚いた顔をして私を見て、もう出ちゃったんですか、と笑いました。その笑顔は私をバカにしているようなもので、急激に冷めました。やはりパーフェクトな子はいないようです。