>  > 僕なりにがんばりました

僕なりにがんばりました

親戚のおじさんに飲み屋に連れて行かれました。僕が酒が飲める年齢になるのを心待ちにしていたようで、誕生日がきたらすぐに誘いの電話がかかってきました。それで、酒をある程度飲めば解放されると思っていたんですが、そのまま風俗に連れて行かれてしまいました。もちろん、そういう店に行くのは初めてです。それでも僕も男ですから、興味がなかったわけではありません。行くことになったのはイメクラだったんですが、飲み屋のときよりも積極的な気持ちで店に向かいました。プレイが実際に始まるまではものすごく緊張しましたが、指名したイメクラ嬢がものすごく自分好みの女性だったので、テンションだけはあがってました。実際にプレイが始まると、めくるめく快感が体の中を駆け巡ります。1番敏感な部分を手で触れられただけで、気持ち良さを我慢できなくなってしまいそうです。僕なりにがんばったつもりですが、口でのサービスが始まった瞬間にその日1番の快感を感じて、そのまま終わりを迎えてしまいました。初めてのイメクラはものすごく気持ちが良くて、またすぐに利用したいと思いました。

[ 2015-10-12 ]

カテゴリ: イメクラ体験談